NEWS全国のニュース

2019-06-13 11:55:00 配信

再生エネ電力の固定買い取り 経産省が終了を検討

 太陽光や風力などの再生可能エネルギーで作った電気について、経済産業省は国が決めた価格で大手電力が買い取る制度を終了させる方向で検討に入りました。  再生可能エネルギーを巡っては、政府が国が決めた価格で事業者から買い取ることを大手電力会社に義務付けていて、費用の一部は電気料金に上乗せされています。上乗せさせる費用は、今年度は2兆4000億円に膨らんで見直しの必要性が指摘されていました。経産省はこの制度を終了させる方向で調整しています。その後は事業者が市場で取引をして、価格が急落した場合は国が補填することも検討されています。政府は再生可能エネルギーの「主力電源化」を掲げていますが、送電線の整備など対応の遅れも指摘されています。

This programme includes material which is copyright of Reuters Limited and other material which is copyright of Cable News Network LP, LLLP (CNN) and which may be captioned in each text. All rights reserved.

PAGE TOP

ページの先頭へ