NEWS全国のニュース

2017-12-05 17:06:00 配信

中高年のサラリーマン2人に1人は「伸び悩んでいる」

 民間調査会社が就業意識を調べた結果、中高年のサラリーマンの半数以上が「伸び悩んでいる」ということです。  民間調査会社「パーソル総合研究所」が40歳以上の会社員4700人の就業意識を調べた結果、「まずやってみる」「年下とうまくやる」などの行動特性が低く、「伸び悩みタイプ」「事なかれタイプ」などとされた人が50.7%に上りました。40代ではキャリア研修の不足が、50代では年下が上司になることがパフォーマンスを下げていました。労働人口が減少するなか、中高年の生産性を高めるためには「年下の上司が仕事の仕方を認め、仕事を任せることなどが重要だ」ということです。

This programme includes material which is copyright of Reuters Limited and other material which is copyright of Cable News Network LP, LLLP (CNN) and which may be captioned in each text. All rights reserved.

PAGE TOP

ページの先頭へ