NEWS全国のニュース

2021-04-08 19:44:38 配信

3月の消費動向調査 2カ月連続で改善

 内閣府が発表した先月の消費動向調査で、一般世帯の消費者心理を表す指数が2カ月連続で改善しました。  それによりますと、一般世帯の消費者心理を表す指数は前の月より2.2ポイント上昇し、36.1でした。  新型コロナウイルスの感染者が減少し、1都3県で緊急事態宣言を解除する動きがあった時期に調査したため、今後の暮らし向きや収入、雇用環境などについて悪くなると考える人が減ったとみられます。  内閣府は消費者の心理について「依然として厳しいものの、持ち直しの動きが続いている」と2カ月連続で持ち直しているという判断を維持しました。

This programme includes material which is copyright of Reuters Limited and other material which is copyright of Cable News Network LP, LLLP (CNN) and which may be captioned in each text. All rights reserved.

PAGE TOP

ページの先頭へ