会社案内会社案内

放送番組審議会

番組を適正に放送するため、審議会を毎月開催しています

第334回福島放送番組審議会

開催日 1月25日(水)午後4時30分
会場 ホテルプリシード郡山(郡山市中町)
議題 2016年12月8日(水)深夜1時55分~2時25分
「テレメンタリー2016 飯舘村 10年後の手紙」
議事内容 1月25日(水)午後4時30分から、ホテルプリシード郡山(郡山市中町12-2)において第334回福島放送番組審議会が開催された。
今回は、テレビ朝日系列の全国24社が週替わりで制作を担当しているドキュメンタリー番組「テレメンタリー2016」(現在は「テレメンタリー2017」)の12/8(木)深夜1時55分に放送した「テレメンタリー2016 飯舘村 10年後の手紙」について合評した。飯舘村が10年前に実施した合併50周年念イベント「10年後の手紙」は、自分や大切な人に対して手紙を出し、10年後に配達されるというもの。番組では手紙を受け取った住民にスポットをあて、その姿を紹介した。
委員からは「住民の悲惨さばかりでなく、前向きな姿が丁寧に取材されていた」「若い世代の力強い姿や思いが伝わってきた」という評価の一方で
「県外に避難している住民の姿も紹介してほしかった」「いろいろな立場の意見も取り上げるべき」などの意見があった。
次回は2月22日(水)午前11時から福島放送本社で開催。

●[出席委員7名]
阿部 亜巳委員長、桑野 聡副委員長、橘 あすか委員、
森北 喜久馬委員、続橋 英一委員、満田 美幸委員、
三浦 謙一委員

●[福島放送]
福家 康宣 代表取締役社長、和知 隆寿 取締役、
関山 吉宣 取締役報道制作局長、宇野 英人 報道制作局次長

「番組審議会」とは

放送番組審議会は、放送法に定められた機関で、番組内容の充実・向上を目指すことを目的に、それぞれの放送事業者が設置しています。審議会のメンバーは学識経験者などによって構成され、必要に応じて開催します。
福島放送では、原則毎月1回開催して、自社制作番組などに対するご意見や答申をいただいております。

バックナンバー

PAGE TOP

ページの先頭へ