NEWS全国のニュース

2021-02-23 23:30:24 配信

“未来都市”着工…豊田章男社長に単独インタビュー

富士山のふもと静岡県裾野市で23日、トヨタ自動車が手掛ける未来都市『ウーブン・シティ』の建設が始まりました。 なぜ自動車メーカーのトヨタが街を作るのでしょうか。 未来都市建設の記念すべき第一歩となった地鎮祭の直後、豊田章男社長が単独インタビューに応えてくれました。 豊田章男社長:「背景が日本を代表する山、富士山。高い山のトップを極めるためには、登り続けること。『フェーズ1』は、工場が建ってなかった、この敷地に始めます。その後、工場が壊されていくでしょうから、ここでも4~5年後に街はできるでしょうし、そこから先さらにその後。“完成をしちゃダメ”と。スタートがずっと続くような街にしたい」 『ウーブン・シティ』では、自動車や住宅、家電、ロボットなど、ありとあらゆるものがインターネットでつながり、地下には自動化された物流ネットワークが張り巡らされます。 ウーブンとは「織り込まれた」という意味で、街中には『自動運転専用道路』『人と小さい乗り物の道』そして『歩行者だけの道』と3種類の道路が編み込まれるように交差します。 ところが、計画の発表から1年以上経っても、その詳細はほとんど明らかにされていません。 豊田章男社長:「(Q.発表から1年ちょっと、水面下でどんな動きが?)水面下というか、粛々とほぼ計画通り進んだ。誰もが期待していなかったコロナ禍になった。オンラインや移動を少なくというのは、もともと考えていた。コロナの環境変化で“考え方にアクセルを踏んだ”感じ」 この1年、豊田社長の意思を伝えるミーティングを2週間に1度の頻度で繰り返してきたといいます。 実際、どんな街になるのでしょうか。 豊田章男社長:「『車会社が車だけ未来にしても、未来には到達しない』が出発点。農業ゾーンというのがありますが、一生懸命作られた作物はここで全部使い切る。ごみを少なくすることも大きなテーマの一つ」 街のイメージ映像にあった空飛ぶ車のような乗り物は実現するのか聞くと「もちろん視野に入れていく」と断言しました。 将来的には、トヨタの従業員を含む2000人以上が暮らす街を目指すということです。まずは高齢者、子育て世代の家族、そして発明家を中心に360人ほどが生活を始めます。 豊田章男社長:「家族持ち、高齢者は今後、それぞれの国が成熟してきた時に、必ず社会問題はそこに課題が出てくる。生活の課題が現場にあるところに発明家、サイエンティスト、起業家、そういう人を入れ込むことで、イノベーション(技術革新)を起こしたい。私有地だからこそ、誤解なきよう言わせて頂ければ、“民主主義ではない”。一つの意志を持っていきますから。公共の場所で税金を使ってやると、多くの方の意見を聞かなければいけない。均一性も大切だけど、イノベーションには多様性も必要」 『ウーブン・シティ』が成功することによって、どんな未来がもたらされるのでしょうか。 豊田章男社長:「一言で言えば、幸せを量産できる。“幸せを量産できるような街”に、ウーブン・シティがなってくれれば、こんなありがたいことはない。誰が見ても、この街の背景には富士山が見える。『日本にこんな未来があるんだ』というメッセージになると思う」

This programme includes material which is copyright of Reuters Limited and other material which is copyright of Cable News Network LP, LLLP (CNN) and which may be captioned in each text. All rights reserved.

PAGE TOP

ページの先頭へ