メニューを飛ばして本文へ

ヨジデス
HOME

福島まるごとライブ ヨジデス

午後3:55〜4:50 月〜金生放送

メニューを飛ばして本文へ

番組で紹介した内容

2020.12.11

あばれる君の福島移住計画@築およそ100年の古民家に移住した家族を訪問!

12月11日(金)の特集は『あばれる君の福島移住計画』。
今回は金山町に移住してきた方のお宅に訪問し、住み心地を伺ってきました!

今回おじゃましたのは、5年前に東京から金山町に移住した老沼さんご一家。
空き家となっていた築およそ100年の古民家を購入し暮らしています。

お家を購入した時の価格は、東京ドーム3分の2個分の土地、山林、原野、田畑がついて・・・なんと65万円!!!
この家を日々自分たちでコツコツと直しているのだそうです。

都会で生まれ育った老沼さんが田舎暮らしをはじめた理由は、自給自足がしたかったから!
現在は福祉施設のアルバイトで必要最低限の収入を得ながら、自給自足な生活を目指しているのだそうです☆

生活に必要な水は裏庭の湧水を使っているため、水道代はほとんどかかりません。
また薪として使っている木材は建築廃材をもらったものや自分の山から切り出したものなので、冬の暖房費もかかりません。


さらに畑や果樹園もあります!今回は柿の収穫と干し柿づくりのお手伝いをしました。
皮をむいて縄に吊るしたら、およそ1ヶ月くらいで食べられるようになるそうです♬

また干し柿の他にも主に雪が多い地域に伝わる保存食、打ち豆も作っている老沼さん。
打ち豆と玉ねぎの味噌炒めをごちそうしてくださいました♡

お米も野菜も味噌も、食材はすべて自家製です!

ちなみに老沼さんの息子さん、天飛くんはなんと集落では30年ぶりの子供!
金山町では少子化対策として、保育料の無料化や小中学生の給食費や教材費・修学旅行費の無料化、
さらに運動着や制服の支給など手厚い支援を行っているので、子育ての面でも安心です^^

老沼さんご一家の幸せそうな暮らしぶりにすっかり魅了されたあばれる君でした!