メニューを飛ばして本文へ

ヨジデス
HOME

福島まるごとライブ ヨジデス

午後3:55〜4:50 月〜金生放送

メニューを飛ばして本文へ

番組で紹介した内容

2019.10.28

なすび探偵が行く!@フラガールズ甲子園日本一に輝いた同好会を調査!

10月28日(月)の特集は「なすび探偵が行く!」
今回は今年8月にいわき市で開催された「第9回フラガールズ甲子園」で最優秀賞(フラダンス日本一)に輝いた、あさか開成高校のフラ・タヒチアンダンス同好会の強さの秘密を調査しました!

まずは同好会の強さの秘密を探るべく、顧問の先生に聞き込み調査を行ったなすびさん。
そこで教えてもらったのは❝先輩が熱心に指導をしている❞ということ。
そしてもう一つの特徴として、同好会ということで練習場所がなく❝日々の練習を昇降口で行っている❞ということ!

そんな苦労をし、日本一に輝いた同好会の皆さんはどんな人たちなのでしょうか?
なすびさん、いよいよ会いに行きます!

フラ・タヒチアンダンス同好会のチームアロハは、1年生~3年生合わせて26人のチーム。
同好会の創設から7年で日本一に輝いた皆さん。その秘訣はいったい何だったのでしょう!?

それはやはり練習場所。広い場所での練習期間が少なかったため、その時に集中して練習を行い課題を見つけ、新しい練習に取り組むことができたのだそう。
また、どこにも負けないチームワークや、昨年の大会で2位に終わった悔しさをバネに一年間一生懸命練習してきたことも秘訣なんだとか!

そしてこの同好会を立ち上げた際の初代の部長が、仕事の合間を縫って指導に来てくれることや、国際交流にもつながるフラダンスを後輩たちにも残してあげたいという思いから初代部長のお母さん達が衣装を作ってくれたりと、周りの人達の支えもあって日本一になることができたのだそうです☆

そんな皆さんの絆と努力の甲斐もあって、同好会への入部希望者も年々増えているんだそう。
今後の活躍も期待大ですね!

ということで、あさか開成高校フラ・タヒチアンダンス同好会の強さの秘密は❝みんなの中の良さと心の広さ❞でした♬