メニューを飛ばして本文へ

番組で紹介した内容

お湯ぶら@二岐温泉・大丸あすなろ荘

今日の特集は、県内の温泉を紹介する「お湯ぶら」。
今回は、天栄村の二岐温泉・大丸あすなろ荘を紹介します。

会津と中通りの境い目の山間、ブナの原生林と清らかな清流が残る天栄村に二岐温泉はあります。
お邪魔したのは、古い歴史を持つ由緒ある「大丸あすなろ荘」。
「大丸あすなろ荘」は、平安時代に皇位継承争いで敗れ都を追われた貴族が、隠れて住んだのが始まりだと云われています。

まず案内されたのは岩風呂。実はこの温泉、他の温泉とちょっと違うんです。
実はもともと川底!自噴泉甌穴(おうけつ)風呂と呼ばれる岩風呂で、岩盤の割れ目から源泉が出ているんです!
少し熱めの温泉は、やわらかく肌触りの良いのが特徴。鎮静効果が高いと言われ、昔から傷の湯として有名なんだそう。

続いては、野趣豊かな渓流露店風呂を紹介してもらいます。
男性用のお風呂は、流れる川と一体化したような湯船。解放感も抜群でな人気のお風呂です。
女性用は、周りをブナの森に囲まれ、そこを通ってくる風がとても心地いいんです!
どちらのお風呂も、その場所その瞬間にしか味わえない露天風呂なんですね~♫

大地の恵みを体全体で味わえる温泉のある「大丸あすなろ荘」。
ゆるやかな時の流れの中で、贅沢なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?


◆本日紹介した施設情報◆
【二岐温泉・大丸あすなろ荘】
場  所:岩瀬郡天栄村湯本下二岐5
電  話:0248-84-2311

☆渓流露天風呂(日帰り入浴)
入浴時間:11:00~14:00
定  休:無休
料  金:800円

☆宿泊
一泊二食付き(大人1名) 17,430円~

ページトップ