福島放送

技術局技術部

森 洸葵

KOKI MORI

今はどんな仕事をしていますか?

福島県にはテレビの送信所・中継局が69箇所あります。そこからの放送の電波が決して止まることがないよう、機器管理と保守業務をしています。
具体的には、電波の質や強さに異常がないか日々点検をしたり、送信機やバッテリーの更新作業を行っています。送信機以外にも、アンテナ、鉄塔、ケーブル、電源、発電機など対象は様々です。
機器に異常があれば、すぐに駆けつけ対応します。
また大規模な点検を行う場合は、放送休止時間を使って深夜に作業を行ったりもします。
送信所は共建といって、県内の放送局と共同で建設し、維持管理を行なっているので、他局とのやり取りも多いです。
放送局などの無線局の免許事務手続きも行っています。

この仕事をしていてよかったこと、
やりがいなどを教えてください。

まず技術の仕事のいいところは、福島県の様々な場所へ行けるところだと思います。送信所は山頂にあるため、天気のいい日の山登りはとても気持ちがいいです。
技術の仕事は、「アンテナからバッテリーまで」という言葉を聞きました。まさにその通りで、仕事内容は多岐に渡ります。設備にも多様な種類、電波が環境や自然現象で受ける影響の状況にも色々なパターンがあって、奥が深いと感じています。多くの事を勉強し、自分の知識を活かし、最善の方法や改善策をたてる事に魅力を感じます。
技術は決して派手な仕事という訳ではありません。ですが、放送の根幹に携わる事が出来るため、やりがいと充実さは大きいです。
自分の会社の放送基盤を、これから担っていくと思うとわくわくが止まりません。

休日の過ごし方

福島にはスキー場がたくさんあるため、休みの日は会社の先輩や友人とスノーボードに行ったりします。
また、最近ではゴルフを始めました。
先輩方と一緒にコースを回れるように練習中です!

9:10

出社

送信所に異常がないか端末でアラームを確認。
メールをチェックし、必要であれば返信。

10:00

移動

測定器や過去のデータを準備し送信所へ出発。
山道の運転には注意。

11:00

笹森送信所

音や熱、臭いなど五感で異常がないかを確認。
電波の強さや質が正常かどうかを測定。
通常停止している機器にも電源を入れて正常に動作するか確認。
測定データや各機器の数値をメータリング。
局舎や鉄塔の状態もしっかりと点検。

14:00

昼食

昼食もひとつの楽しみ。
カレーが好きなので、県内各地で美味しいカレーを探しています。

15:30

帰社

本社マスターにあるリモコン端末で笹森送信所に異常がないかを確認。
点検内容を記録。日々のデータが大切な資料になります。
報告事項があれば県内の放送局各社へ情報を共有。

16:30

翌日行う作業の下調べ、準備。
正確な作業を行うためには、完成図書や機器の取扱説明書の熟読は欠かせません!

18:30

退社

放送に問題がないことを確認し、退社。

other MEMBER