福島放送

編成業務局 編成業務部

伊田 菜々花

NANAKA IDA

志望動機

テレビにかかわる仕事がしたいと思い、就職活動をしていました。
特に震災を経験した福島県には、伝えるべきニュースがたくさんあるのではないかと思っていました。実際に面接を受けている中でも、「福島はみんなが思っているよりも元気だと知ってほしい」「福島には伝える意味のあるニュースが数多くある」という声を聞き、福島で働きたいと感じるようになりました。

就職活動中に気を付けたこと

積極的にニュースに触れることを意識していました。興味のあることや地域の話題に対し、自分なりの意見を持つことを心がけました。

これが私の仕事

番組の宣伝・広報のため、新聞や雑誌に掲載する広告を考えたり、SNSの更新などをしています。
何月何日の何時からどんな番組をやるのか、誰が出演するのか、見どころは何か。各部署から情報を聞き出し、より多くの視聴者に番組を見てもらえるような広告を考えます。

一日の流れを教えてください

9:00 出社・メールチェック
午前中 広告作成、SNSの更新など
12:00 昼食
13:30~15:30 テレビ朝日から送られてくる番組PR素材のチェック
夕方 広告作成、SNSの更新など
19:00 帰宅

☆告知したい番組があるとき☆
『ヨジデス』『Jチャンネル』内で、当日夜の番組や週末の番組の告知をしてもらうことがあります。その際は、原稿を考えたり、素材をそろえたりする作業をしています。

☆毎週金曜夕方 「広報ぶーす」収録☆
コンテンツ推進部のメンバーと、週末のオススメ番組の紹介をする「広報ぶーす」の収録をします。自社HPやツイッターなどに掲載しています。

私の仕事、ここがおもしろい

地域の方々に、自分の仕事がダイレクトに届くことです。
番組祭りでは、「いつも見ています」と声をかけていただき、福島で働いている実感が湧きました。
インターネットでは、福島のみならず全国に情報を届けることができます。
インターネットならではの拡散力と話題性を生かした、新しい形の広報展開を試行錯誤しながら実行していくことはとても楽しいです。

福島放送に入社して良かったこと

今春から始まったネット配信事業に取り組めていることです。みんなで意見を出し合い、ゼロから形にしていくことにやりがいを感じています。
入社してからも、何か新しいことはできないかと、若手の意見を求められることが多くあります。チャレンジしてみたいと思ったことは、声を挙げれば必ず誰かが聞いてくれる、そんな社風だと感じています。

就職活動中の学生たちへ一言

テレビ局の就活でいいところは、家にいるだけで業界研究ができるところだと思います。
テレビ局を志望する上で、ニュースはもちろん、ドラマ、バラエティ含め、テレビが大好きであることはとても大切です。テレビを見ながら、自分の身の回りで今起きていることにアンテナを張り続けてみてください!

other MEMBER