KFBみんなの食卓

詳しくはこちら

みんなの食卓キャンペーン

KFB福島放送では、2007年10月より、「食べる」ことについて県民の皆さまとともに考えていきたいという思いから、「みんなの食卓キャンペーン」に取り組んでいます。おもなテーマは、「食の安全と安心」「食育」です。

具体的には「ふくしまスーパーJチャンネル」「食メキふくしま」などの番組で、さまざまな特集を放送してきました。また、「野菜のチカラ食育体験セミナー」「おいしいおはなしとおやつの会」「介護食料理教室」などのイベントを通じて、県民の皆さまと交流を深め、食べることの大切さを伝えてきました。

2010年まで実施していた「みんなの畑」は、震災の影響で休止を余儀なくされましたが、私たちは新たなテーマが見つかったと思っています。キャンペーンを通じて福島の食の安全性を伝え、福島の農業や漁業を応援することです。

「食の安全と安心」の確保は、私たちが生きていくうえで最も重要なテーマのひとつです。KFBの「みんなの食卓キャンペーン」をこれからもよろしくお願いいたします。

みんなの食卓キャンペーン事務局

今年2回目の介護食料理教室

KFBアナウンサーの山崎聡子です。

9月9()に郡山市の日本調理技術専門学校で「介護食料理教室」を開催しました。

ヨークベニマルさんとの共催で毎年開いていて、今回は約30名のみなさんにご参加いただきました。


グルメ塾(Jチャンネル・毎週金曜日放送)でもおなじみの田中勇大(たなか・ゆうた)先生を講師に迎えた今回の教室。

参加者のなかには実際に介護に携わっている方も多く、田中先生の分かりやすい説明に、参加者の皆さんはメモを取ったりしながら聞き入っていました。

なかには「介護食」と聞くと、特別な料理を作らなくてはと肩に力が入ってしまう・・・という方もいらっしゃいましたが、家族みんながおいしく味わえる料理を作るのがポイントだそうです。

今回教わったのは、「しらすと茄子の炊き込みご飯 焼き海苔あんかけ」「和風やわらか煮込みハンバーグ」「滑らかだし巻き卵」「ピーチメルバ」の4品。

具材の切り方などちょっとした工夫で、飲み込みやすく美味しい料理が完成しました。

みなさん「美味しい!」と歓声を上げながら料理を召し上がっていました。

食べることを楽しんで「生きる力」に。

介護食」の面白さ、奥深さを実感していました。


バックナンバー

詳しくはこちら

子供たちにさまざまな体験を通して、野菜の持つ力を楽しく詳しく知ってもらいましょう!
食べ物に関する講義や野菜についてのクイズなどを出題したり、農家の方のお話を伺います。小学生の親子で参加できるイベントです。(春と秋の年2回開催の予定です)

"もっとおいしく、もっと豊かに"をテーマに、今現在、あるいはこれから来る「介護」にそなえて、ただ食べ物を作るのではなく介護を要する方により美味しく、 より食べやすく食べられる料理を考えていきましょう。 (秋・年1回開催の予定です)

月別アーカイブ月別アーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ