笠置わか菜の徒然letter

あの日の日記 2011年4月10日

2021.04.10

先月から日を追って、

震災当時に書いていた日記をこちらに載せています。

拙い走り書きのようなものですが、

二度とこのようなことが起きないよう願いを込めて掲載します。

当時の状況をお伝えするのに、なるべく加筆・訂正などはせずに、そのまま載せています。

あくまで、あの日あの時、私が経験したこと、感じたことです。

ご了解いただけると幸いです。

(アナウンサー以外の個人名は、プライバシーを考慮してイニシャル表記にします)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2011年4月10日

朝8時出社。今日は震災特番の日。

朝から、VTRをチェックする。

最後のエンディングのVTRが胸に迫ってきた。

番組を統括するYさんから

番組冒頭は大切だから絶対失敗するなと何度も言われていた。

当たり前のことだと認識しているが、やはり特別な緊張感がある。

無事放送を終え、会議室でささやかなお疲れ様会、

そして、これからもがんばろう会をする。

鶏の唐揚げとメンチカツ、サンドイッチなどがテーブルに並ぶ。

これまで年末などで特番を終えると

皆で達成感を分かち合ってきたが、

当然のことながら、満ち足りた気持ちにはとてもなれない。

紙コップに注がれたジンジャーエールを飲み干し、

ここからが、本当の始まりだと思う。

帰り道。

ふと、糸が切れそうになる。

浜通りから届く番組宛の悲痛なメール。

一か月着まわし続けた黒、紺、グレーの3着のジャケット。

寝不足の浮遊感と

出口の見えない現実。

話相手の友も、みな遠く離れている。

これではいけないと、ドラッグストアに行き、

香りが一番ピンときた入浴剤を買って帰る。

今夜はゆっくりお風呂に入って、リセットしよう。

笠置わか菜の徒然letter|アナウンサーブログ

    月別アーカイブ月別アーカイブ

      PAGE TOP

      ページの先頭へ