笠置わか菜の徒然letter

あの日の日記 2011年4月8日

2021.04.08

先月から日を追って、

震災当時に書いていた日記をこちらに載せています。

拙い走り書きのようなものですが、

二度とこのようなことが起きないよう願いを込めて掲載します。

当時の状況をお伝えするのに、なるべく加筆・訂正などはせずに、そのまま載せています。

あくまで、あの日あの時、私が経験したこと、感じたことです。

ご了解いただけると幸いです。

(アナウンサー以外の個人名は、プライバシーを考慮してイニシャル表記にします)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2011年4月8日

夜勤務。今夜は余震がないことを祈る。

願いが届いたのか

特に大きな動きもなく、無事夜が明ける。

明け方、ブログをアップ。

朝8時、帰宅し、こたつで爆睡。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あの日アップしたブログを追記します。

2011年4月9日のブログ

水道から水が出る。

あったかいお風呂に入れる。

並ばずにガソリンを入れられる。

スーパーに牛乳が並ぶ。

納豆が並ぶ。

ミネラルウォーターが並ぶ。

一昨日は好きなメーカーのヨーグルトを地震後初めて見つけた。

すべてが奇跡みたいに思えます。

当たり前だった日常は、

小さな奇跡が積み木のように一つ一つ積み重なって

出来ていたんだと今更ながら思います。

ここ郡山は、そんな奇跡のような

穏やかで、きらめきに満ちた日常が戻りつつあります。

もしかしたら堆積した不安を振り払うように

見切り発車した日常かもしれませんが、

それでも納豆やヨーグルトを入れた買い物かごの重みに

今、私は確かな「日常」を感じています。

この買い物かごの中に、やむを得ず出荷制限を受けている県内産の野菜を入れて、

早く、もっとずっしりとした日常の重みを腕に感じられれば・・

先週、相馬市松川浦の水産物直売所で働く知人と連絡が取れました。

家も流された。

父も津波にのまれて亡くなった。

届いたメールは悲痛な文面でしたが、彼女は無事でした。

そして最後には「直売所またやるから」と笑顔の絵文字が踊っていました。

早く。早く、すべての人に日常の安らぎを。

震災から一か月を前に今、思うことです。

笠置わか菜の徒然letter|アナウンサーブログ

    月別アーカイブ月別アーカイブ

      PAGE TOP

      ページの先頭へ