笠置わか菜の徒然letter

あの日の日記 2011年4月7日

2021.04.07

先月から日を追って、

震災当時に書いていた日記をこちらに載せています。

拙い走り書きのようなものですが、

二度とこのようなことが起きないよう願いを込めて掲載します。

当時の状況をお伝えするのに、なるべく加筆・訂正などはせずに、そのまま載せています。

あくまで、あの日あの時、私が経験したこと、感じたことです。

ご了解いただけると幸いです。

(アナウンサー以外の個人名は、プライバシーを考慮してイニシャル表記にします)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2011年4月7日

日中は休み。ゆるりと過ごしていたら、

夜23時半すぎ、緊急地震速報が鳴る。

余震、かなり大きい。

揺れが収まってテレビを見ると、津波警報が。

慌てて着替えて会社へ向かう。

報道フロアに着いたら、今泉さんとHさんが

既にアナブースでマスターカットを始めていた。

原発は今のところ異状なし。

情報を持ってアナブースへと走る。

続々とみんなが揃う。

手分けして各役所、消防などに電話して情報収集。

その後、津波警報が解除。

午前2時、帰宅。

笠置わか菜の徒然letter|アナウンサーブログ

    月別アーカイブ月別アーカイブ

      PAGE TOP

      ページの先頭へ