笠置わか菜の徒然letter

あの日の日記 2011年4月4日

2021.04.04

先月から日を追って、

震災当時に書いていた日記をこちらに載せています。

拙い走り書きのようなものですが、

二度とこのようなことが起きないよう願いを込めて掲載します。

当時の状況をお伝えするのに、なるべく加筆・訂正などはせずに、そのまま載せています。

あくまで、あの日あの時、私が経験したこと、感じたことです。

ご了解いただけると幸いです。

(アナウンサー以外の個人名は、プライバシーを考慮してイニシャル表記にします)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2011年4月4日

11時出社。今日からスタジオでJチャンを放送する。

スタジオのセットが派手だという話になり、鮮やかな色の小物を外す。

いつから本当の日常が戻ってくるのだろうと寂しい気持ちで

黄色い造花の挿さった花瓶を棚から下ろした。

そんな中、局の隣のスーパーBが数日前からオープン。

本当に嬉しい。

スーパーの存在は大きい。

牛乳が、ヨーグルトが、お総菜が、お寿司が並ぶ。

珍しい光景のように、まじまじと眺めてしまった。

当たり前の日常は奇跡のような幸せのことだったんだ。

これを知らないよりは、知ることができて良かったんだ。

私はそう思いたい。

そう思いたい。

笠置わか菜の徒然letter|アナウンサーブログ

    月別アーカイブ月別アーカイブ

      PAGE TOP

      ページの先頭へ