メニューを飛ばして本文へ

ヨジデス
HOME

福島まるごとライブ ヨジデス

午後3:55〜4:50 月〜金生放送

メニューを飛ばして本文へ

番組で紹介した内容

2020.07.03

あばれる君の福島移住計画@今日から新シリーズ!うさたにパイセンと桑折町へ!

7月3日(金)の特集は「あばれる君の福島移住計画」!
今まで21の市町村におじゃましましたが、今回から22番目の新しい候補地・桑折町を巡ります☆

そして新メンバー"うさたにパイセン"も登場!

小学校からの夢が『福島県の観光大使になること』と言ううさたにパイセン❀
今まで以上に楽しく元気に福島県の移住候補地を紹介していきます!

仙台藩の藩主・伊達氏発祥の地で歴史と文化が息づく桑折町。
まずはそんな桑折町の名物を探します!

こちらは旧伊達郡役所。
明治16年に建てられた擬洋風庁舎建築で、国の重要文化財に指定されています。

今回こちらの敷地をお借りして、桑折町発祥のあるモノを見せていただきました・・・

それがこちらの「三元車」!日本最古の国産自転車なんだそうです◎

実はこの三元車、桑折町出身の鈴木三元さんが明治9年に完成させたもので、
桑折町が国産自転車発祥の地なのだとか☆

現在本物は愛知県のトヨタテクノミュージアムにあり、今回紹介した三元車はレプリカなんだそう。
このレプリカは三元車をより身近な形で伝えていきたいと、2008年に発足した「三元車復元プロジェクト」が制作したものです。

特別に乗車させてもらったあばれる君とうさたにパイセン。
少しコツがいるようですが、慣れればスイスイ進む快適な自転車です◎

そしてもう一つ、4人乗りの三元車も紹介していただきました!

運転手が1人、お客さんが3人乗れるこの4人乗り三元車は、
明治13年に作られたものを現存する資料を元に精巧に復元させたモノです。

運転手はペダルを一生懸命踏み踏みしたり、腰を曲げてカーブするためのレバーを操作したりと大変そうでしたが、
お客さんは景色を眺めながらゆっくり進む三元車に大満足できそうです♪

貴重な国内最古の国産自転車を体験させてもらった2人。
次回は桑折町のお米と水で作ったお酒と、地元で愛される老舗食堂の絶品メニューを紹介します!