メニューを飛ばして本文へ

ヨジデス
HOME

福島まるごとライブ ヨジデス

午後3:55〜4:50 月〜金生放送

メニューを飛ばして本文へ

番組で紹介した内容

2019.11.29

あばれる君が福島市飯坂町に移住者した方をお宅訪問!


今日の特集は、「あばれる君の福島移住計画」!
今回は福島市飯坂町編の最後の回で、実際に飯坂町に移住した旅館の若旦那をお宅訪問しました!

12年前福島市飯坂町に移住してきた和田さん。
明治15年の創業の老舗旅館の若旦那をしています!
そんな和田さんに飯坂町の住み心地を聞きました!

まず、旅館を案内してもらうことに◎
雰囲気あるたたずまいの玄関をくぐると、かわいらしい女の子のパネルが!
「温泉むすめ」といって、飯坂町では和田さんらが中心となって盛り上げているものなんです◎
温泉むすめを目当てに来る方も多くいるそうですよ☆
その近くには、昔の電話が!
映画などでは見たことあるけど、本物では見たことない電話にあばれる君大興奮!
新しいものと古いものが混ざる素敵不思議な空間です◎

さらに、温泉旅館といえばこれ!
自慢のお風呂を紹介してもらいました。
シャワーなどはなく、かけ湯がついていてそれで体などを洗う感じだそうです◎
かけ湯の温度は52度。お隣の鯖湖湯と同じ温泉で、とっても熱いお湯です!
ですが和田さん曰く、熱くてもお湯が柔らかいので肌になじみが良く、
思ったよりも入れるんだとか!
もう熱いお湯じゃなきゃダメな体になっているそうです☆

さらにさらに、和田さんは町おこしの活動もしているそう。
そのきっかけが、芸者を見たときにテープの音楽を自分で再生してから踊っているのを見て、
衰退している飯坂町の文化を途絶えさせないように三味線を始めたんだとか!
今は夕食時に宿泊客へ三味線を披露しているそうです◎

そんな和田さんが語る飯坂町のいいところは「人」だそう。
人が優しくて、熱くて、昔ながらの雰囲気も残っていて、
遊んでも住んでもとてもいい場所ということでした!


飯坂町のいいところに触れたあばれる君。
次回からは17番目の移住候補地「矢吹町」編スタート!
お楽しみに!