メニューを飛ばして本文へ

ヨジデス
HOME

福島まるごとライブ ヨジデス

午後3:55〜4:50 月〜金生放送

メニューを飛ばして本文へ

番組で紹介した内容

2018.10.29

なすびさんの県外◯◯旅@新潟県阿賀野市編~前編~

10月29日(月)の特集は、なすびさんの県外◯◯旅。
お隣新潟県の、県内からもすぐ行ける阿賀野市の名物をいろいろ巡ってきてくれました!
今回は、歴史ある伝統工芸と話題の最新スポットに行ってきたようですよ☆

まずは阿賀野市の基本情報からおさらい!
新潟県阿賀野市は、郡山からだと約1時間半、会津若松からだと約30分ほどで行ける地域です。
福島県から流れている阿賀川でつながっています。ちなみにこの阿賀川、新潟県に入ると阿賀野川に名前が変わるんです!


というわけでまずやってきたのは、磐越道安田ICからすぐの安田地域。
そこで発見したのが「やすだ瓦ロード」という看板です。
実はこの安田地域、東日本で随一の生産量を誇る瓦の産地なんです!
瓦工場が立ち並び、瓦を使ったオブジェを楽しみながら散策もできるんです。
実は、鶴ヶ城の屋根に使われているのも「安田瓦」。福島県とも縁が深~い瓦なんですね!

この「安田瓦」、雪国新潟の寒い冬にも耐えられる耐久性・耐水性・耐寒性に優れているとのこと。
一般的な瓦は、水を垂らすとすぐに染み込んで行ってしまいますが、「安田瓦」は染み込むことなく水滴の状態を保ちます。
この耐水性が、雪の降る地域の屋根には必要なんですね...!
この「安田瓦」を作っている丸三安田瓦工業さんでは、工場見学のほかにも、瓦の絵付け体験や粘土体験もやっているので、皆さんも気軽に行ってみてください!

お腹が空いたなすびさんが次に向かったのも、屋根にきれいな瓦が葺かれたその名も「瓦テラス」。
店内には「安田瓦」を使った工芸品や、阿賀野市が誇るブランド牛・あがの姫牛などがあり、地元の名物が楽しめるスポットになっています。
ここで頂くのはもちろんあがの姫牛!かと思いきや...この安田地区にはもう一つの名物「あがの夢うなぎ」があるんです!
阿賀野川のきれいな伏流水で育てたうなぎは、臭みが全くなく身はふっくら。口の中に入れるととろける食感なんです!
提供される器ももちろん「安田瓦」!本当に、安田地区の名物が詰まった一品です!
阿賀野市の魅力がたっぷり詰まった「瓦テラス」。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?


◆本日紹介したお店・施設情報◆
【丸三安田瓦工業】
場  所:新潟県阿賀野市保田6130-1
電  話:0250-68-3802
※工場見学は要事前連絡

【瓦テラス】
場  所:新潟県阿賀野市保田7373-1
電  話:0250-47-8530
定  休:木曜日