TELEVISION PROGRAM食メキふくしま

雪の下で育つ「とろねぎ」

2018.01.19

雪の積もる会津若松市

30センチ以上も掘った雪の下からみずみずしく太いネギが出てきます。

細いと凍ってしまいますが、太くすることでしっかり水分も蓄えられ、熱を加えるとトロッと甘いネギになるそうです。

そこでつけた名前が「とろねぎ」

作っているのは13代続く農家の佐藤さん。

若手農家が作るとろねぎは1年で3回味が変わるそうです。

雪が降る前に収穫すれば身の締まった力強い味に、雪が降り積もる時期はみずみずしい甘さに、冬を越せばとろけるほど柔らかく甘いネギになるそうです。

「ネギと向き合ってどれだけ畑に出られるかが大事」と話す佐藤さん。

「関東の盛んな地域に負けないネギの地域にしたい」と挑戦を続けます。

<コリーファーム>

住所 会津若松市神指町西城戸37

電話 0242-24-0860

月別アーカイブ月別アーカイブ

    Facebook

    PAGE TOP

    ページの先頭へ