TELEVISION PROGRAM未来へ伝えたい ふくしまの情景

第163回 黒岩虚空蔵尊満願寺(11月11日放送)

2017.11.17

「黒岩の虚空蔵様」と親しまれている、福島市黒岩の「黒岩虚空蔵尊満願寺」

十三詣りの聖地として、子供の成長と学業成就を祈る庶民の信仰を集めていました

伝承によると、約1200年前に山中大納言植久が都に凱旋するに当たり、

この地に「虚空蔵尊像」を安置したとのことです

阿武隈川に臨む起伏に富んだ丘陵地で樹木の種類も多く、高台にある境内から

見下ろす阿武隈川の眺めは、一見の価値があります

信者が寄進した「いぼなしの鐘」は国の重要美術品に認定されています

裏山の清浄嶺には十六羅漢の石像が安置されていて、心に響く表情は多くの

人に親しまれています

寺と虚空蔵信仰が一体となった景観を長く保存されるよう、昭和41年に福島市

指定史跡及び名勝に指定されています

場所:福島市黒岩上ノ町43

月別アーカイブ月別アーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ