TELEVISION PROGRAM未来へ伝えたい ふくしまの情景

第148回 関辺のさんじもさ踊(7月29日放送)

2017.08.02

白河市関辺地区に、田植えを終えたころ行われている「関辺のさんじもさ踊」

五穀豊穣を祈願して、八幡神社で行われています

まず当日の朝に、供物などを置く「御棚」作りからはじまります

その後、皆でお祓いを受けます

踊りは「御棚」の周りを、歌いながら右回りに踊ります

その時歌われる、囃子言葉の「サンジモサ」とは「山神様」がなまったものと

言われ、「さんじもさ踊」の由来ともなっています

踊りのあとは、中央の「御棚」をゆすったり、太鼓の曲打ちや胴上げが行われ

行事が終わります

貴重な伝統芸能ということで、県の重要無形民俗文化財に指定されています

場所:白河市関辺八幡山

再放送:8月4日(金)午前10時38分~午前10時43分

次回の放送:8月5日(土)午後2時30分~午後2時35分

月別アーカイブ月別アーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ