TELEVISION PROGRAM未来へ伝えたい ふくしまの情景

第131回 高清水地区の雛流し(3月18日放送)

2017.03.18

三島町の高清水地区

ここで雛祭りの翌日行われているのが「雛流し」です

これは紙で作った雛人形を、地区の男の子が集めて只見川に流すという

伝統行事です

紙雛を集めるのは、地区唯一の中学生である矢沢雅生さん

木箱を持って一軒一軒家を回り、雛人形を集めていきます

女性の厄を映した紙の雛を川に流すことで、厄が落されると言われ、

一度は途絶えてしまいましたが、昭和60年に復活しました

雛を集め終わると、いよいよ只見川に流されます

県の重要無形民俗文化財に指定されている高清水地区の「雛流し」

この行事が終わると、いよいよ春の足音が聞こえてきます

場所:三島町高清水地区

月別アーカイブ月別アーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ