午後4時40分〜

TELEVISION PROGRAMらーめん道

No.916 麺処こはく

2021.03.24

今年1月16日、薬膳の要素を取り入れた家系ラーメンの店がいわき市にオープンしました。

それが、麺処こはくです。

店主の遠藤貴康さんは、神奈川の家系ラーメンの店で修業した後、

建設業などに従事して資金を貯め、自分の店を持つという目標を実現させました。

薬膳の要素を加えたのは、体調を崩したときに、

尊敬する人から薬膳の考え方に基づいた食事の仕方について教えてもらったことがきっかけ。

実践すると、体調がよくなった経験から

自分が作るラーメンにもその考え方を取り入れたいと思ったそうです。

今回いただいたのは、豚骨しょう油の

「こはくしょうゆラーメン(900円)」。

薬膳というと漢方やスパイスを使ったもの、と考えがちですが、

遠藤さんが大切にしているのは「旬の食材を使うこと」。

季節ごとに、食べたほうがいい食材や食べ過ぎてはいけない食材があり

それに気を付けてラーメンを作っています。

例えば、トッピング。

家系といえば、海苔・チャーシュー・ホウレン草が定番ですが、

こはくでは「白菜」と「ニンジン」を使います。

どちらも、体を温め胃もたれしにく食材、というのがその理由です。

取材したのが寒さが残る2月だったため

スープにも体を温める食材を使っているということでした。

麺も、こはくのこだわりの一つ。

弾力とコシの強さが特徴のゆきちからという国産小麦を使った多加水の中太麺です。

いわき市の老舗製麺所・馬目食品から仕入れているそうですが

スープに合うよう、小麦粉の配合・麺の太さ・形を変え10回以上の試作を重ねて仕上げたそうです。

モチモチしていてのど越しのいい麺でした。

チャーシューは肩ロース。

店主自身、肉が好きという理由からなるべく食べ応えを感じてもらえる大きさで提供するようにしているそうです。

食べていると、不思議なくらい体が温まってくるラーメンでした。

メニューは他に、豚骨味噌と豚骨塩があります。

今後は季節ごとのラーメンも作っていきたいとのこと、楽しみですね。

※感染対策のため各テーブルに調味料を置いていません。

必要な方はスタッフまでお声がけくださいとのことです。

住所 いわき市郷ケ丘3‐17‐1
TEL 080‐5568‐0589
営業時間 11:00~15:00※スープがなくなり次第終了/17:00~21:00※夜は居酒屋としての営業となります、ラーメンの提供はありません。
定休日 水曜、不定休有り

掲載されている情報はすべて放送時のものです

月別アーカイブ月別アーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ