午後4時50分〜

TELEVISION PROGRAMグルメ塾

鯛の昆布じめと山菜の春浸し

2017.03.13

印刷する

今月のテーマは「春よ来い」
山菜のお浸しを鯛の昆布じめと一緒に味わう贅沢な一品☆
口いっぱいに春のおいしさが広がります!

材料

4人分

鯛の切り身(刺身用) 200g
出汁昆布 20cm角 2枚
お好みの山菜 ウド、コゴミ、ウルイ、たらの芽、ソラマメなど

浸し調味料

カツオ出汁 200cc
薄口醤油 大さじ2
煮切りみりん 大さじ1.5

わさび醤油ドレッシング

おろしわさび 適量
マヨネーズ 適量
オリーブオイル 適量
醤油 適量
煮切りみりん 適量

「鯛の昆布じめと山菜の春浸し」の作り方

1 鯛の切り身の両面に薄く塩をふり、昆布の上に並べたら、
もう1枚の昆布をのせてサンドし、ラップをして冷蔵庫で2~3時間おく。
2 山菜は茹でて冷水に落とし、食べやすい大きさに切って冷ましておく。
(ソラマメは、甘皮の先を少し剥いてから茹でてください)
(ウドは生のままでもおいしいです! 2cm角のさいの目に切り、水につけておきましょう)
3 浸し調味料をボールに合わせ、【2】の山菜を漬け込む。
(冷蔵庫で1時間ほどおいてください)
4 わさび醤油ドレッシングをボールに合わせる。
(適量なので、味を見ながら調整してください)
(なお、薄口醤油と煮切りみりんは、同じくらいの量を加えてください)
5 器に昆布じめにした鯛の身と浸しておいた山菜を盛り付け、
わさび醤油ドレッシングと一緒にお召し上がりください。

●山菜のお浸しと鯛の昆布じめ、それぞれで食べてもおいしいですが、
わさび醤油ドレッシングと一緒に味わう"一体感"で、より春を感じます☆

MOVIE

YouTube

月別アーカイブ月別アーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ