TELEVISION PROGRAMふくしま経済ナビゲーション

第2回 福島市・クラロン(5月16日放送)

2015.05.16

番組のキーワードは「働く喜び」

今回紹介する企業は福島市の運動着メーカー「株式会社クラロン」

幼稚園や学校体育着のデザインから製造までを手掛けており、県内

小中高の学校の半分以上のシェアを握っています



会社を率いるのは、取締役会長の田中須美子さん

御年、なんと90歳です


90歳の田中会長が目指すのは、障がい者、高齢者、女性が輪を作って、和やか

な輪で会社を楽しく働くようにすること

クラロンの全従業員135人中48人(35%)が何らかの障がいを持っている方

これは従業員が100人から300人規模の会社の障がい者の実雇用率1,58%

に比べても、大変高い数字です

そして、もう一つ「クラロン」は高齢者、女性の従業員も大切にしています

こちら営業課長の小手森さんは78歳です

定年は規定では65歳ですが、希望で1年ずつ延長が可能とのこと

全従業員135人中、100人が女性!しかも女性の55%が管理職です

番組ナビゲーターの福島大学西川和明教授は、少子高齢化で日本の労働力が

どんどん減る中、生き残る企業は2種類と話します

1:コンピューターなどの最新技術を駆使し、無人化を図る企業

2:「クラロン」のように、女性や高齢者、障がい者を戦力化できる企業

高齢化社会を迎える今、「クラロン」は大いに参考になる会社と話しています

株式会社クラロン

本社・工場:福島県福島市八木田並柳58

月別アーカイブ月別アーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ