NEWS福島県内ニュース

2020年10月18日 12時53分 配信

東日大昌平4強逃す 秋季高校野球東北大会

来春の選抜大会(センバツ)につながる第73回秋季東北地区高校野球大会第3日は17日、宮城県の2球場で準々決勝4試合を行った。

本県第1代表の東日大昌平は仙台市民球場で柴田(宮城第3代表)に10−15で逆転負けし、ベスト4入りを逃した。

福島県第2代表の福島商は15日の八戸西(青森第2代表)との2回戦で、第3代表の学法石川は14日の柴田との1回戦で敗れており、県勢は全て姿を消した。

東北地区高野連の主催。

東北6県の予選を勝ち抜いた18校がトーナメント戦を繰り広げている。

18日は石巻市民球場で柴田と日大山形(山形第1代表)、仙台育英(宮城第1代表)と花巻東(岩手第3代表)が準決勝で対戦する。

20日に決勝を行う。

動画

アーカイブアーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ