NEWS福島県内ニュース

2020年10月18日 12時52分 配信

磐越西線一部再現のプラレール展示 喜多方

岩越鉄道(現在のJR磐越西線)山都駅開通110周年記念イベントが17日、喜多方市山都町の飯豊とそばの里センターふるさと館で始まった。

11月3日まで資料や磐越西線を一部再現したプラレールを展示している。

記念事業実行委員会の主催で、110年間の歩みを資料や写真で紹介している。

プラレールでは、会津若松−新津間の28駅や一の戸橋梁(きょうりょう)、トンネルなどを「ぺたぞうでんしゃ王国」の協力で再現した。

岩越鉄道の喜多方−山都駅間は1910(明治43)年12月15日に開通した。

開館時間は午前9時から午後4時まで。

月曜休館。

入館料は大人200円、小中学生100円。

問い合わせは市山都総合支所産業建設課電話0241(38)3831へ。

動画

アーカイブアーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ