NEWS福島県内ニュース

2020年10月18日 12時48分 配信

郡山の学習塾でクラスター 新型コロナ

福島県は郡山市の10〜70代の男女10人と南会津町の10代男性、大玉村の60代会社員女性の計12人の新型コロナウイルス感染が確認されたと17日、発表した。

いずれも16日に陽性が判明した。

このうち、郡山市の4人は同じ学習塾に通い、別の3人は同じ飲食店の利用者だった。

塾と飲食店では既に感染者が出ており、県は塾と飲食店でそれぞれクラスター(感染者集団)が発生したとみている。

県内のクラスターは計12例となった。

県内の新規感染者が2日連続で10人以上となるのは初めて。

今月に入り16日までの新規感染者は106人となり、月別の新規感染者が100人を初めて超えた。

県内の感染者は累計359人。

県と郡山市によると、同市の10代男性2人と10代女性2人の計4人は中学生(3人が同じ中学)で、市内の学習塾に通っていた。

15日に感染が確認された同市の50代自営業女性が講師をしており、4人は授業を受けていた。

他に郡山市で感染が確認されたのは70代無職女性、30代会社員男性、40代会社員男性3人、50代男性。

このうち3人が駅前の飲食店で、既に県内外で陽性判明している5人と共に会食していた。

別の1人は陽性者の家族だった。

この飲食店で会食した8人のうち1人が別の飲食店を利用した際、別のクラスターが発生した飲食店の利用者と接触があった。

県と郡山市は、飲食店を介して感染が広がった可能性が高いとみている。

南会津町の10代男性は学校に通っているとしたが、県は校種を明らかにしていない。

大玉村の60代女性は無症状で、他の11人は軽症。

いずれも県内の医療機関に入院または入院予定。

■県内7人退院新型コロナウイルスによる入院者7人が16日に県内の医療機関を退院した。

県が17日、発表した。

16日現在の入院者は宿泊療養者への入所者を含め87人で、このうち3人が重症となっている。

動画

アーカイブアーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ