NEWS福島県内ニュース

2019年12月03日 09時35分 配信

冬のボーナス0.4%減

民間シンクタンク・とうほう地域総合研究所(福島市)は2日、県内の冬季ボーナス支給額推計を発表した。

民間企業と官公庁を合わせた総支給額は2252億8200万円で、前年より0・4%減る見通し。

県の毎月勤労統計調査などを分析して算出した。

民間企業の総支給額は1850億2800万円で前年より0・4%増えるとみられる。

支給対象となる一般労働者の増加により2年ぶりに増える見込み。

ただ、一人当たりの支給額は33万983円(前年比0・5%減)の推計。

企業業績の悪化などが要因とみられる。

官公庁の総支給額は402億5400万円(同3・6%減)の予想。

一人当たりの支給額は86万5854円(同2・9%減)と見ている。

一人当たりの支給額と支給対象職員の減少が要因。

動画

アーカイブアーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ