NEWS福島県内ニュース

2019年05月15日 16時31分 配信

2020年夏供用開始へ JR常磐線竜田駅

JR常磐線竜田駅の橋上駅舎・自由通路新設工事の起工式と安全祈願祭は14日、楢葉町の同駅で行われた。

2020(令和2)年夏の供用開始を目指している。

起工式には町、JR東日本の関係者ら約60人が出席した。

松本幸英町長、雨宮慎吾JR東日本執行役員水戸支社長らがくわ入れし工事の安全を祈った。

松本町長は「駅の東西を自由に行き来することが可能になり、利便性が向上する」と述べた。

雨宮支社長は「まちづくりの核になる、愛される駅舎になってほしい」とあいさつした。

吉田栄光県議会議長、青木基町議会議長らが祝辞を述べた。

橋上駅舎、自由通路とも鉄骨造りで、総事業費は8億9千万円。

町が8億4千万円、JR東日本が5千万円を負担し整備する。

自由通路は、現在の駅舎や飲食店などがある駅西側と、復興拠点としてオフィスビルなどが整備されている駅東側を結ぶ。

町は駅東側と西側にそれぞれ広場や駐車場を整備し、にぎわい創出を図る。

動画

アーカイブアーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ