NEWS福島県内ニュース

2019年05月15日 16時29分 配信

日本SF大会 2020年8月郡山で初開催

全国のSFファンや作家らが交流する日本SF大会が2020(令和2)年8月、県内で初めて郡山市で開かれる。

14日までに決まった。

磐梯熱海温泉のホテル華の湯を会場に約1000人が訪れる予定で、多彩なイベントを通して交流を深める。

観光関係者は全国規模の大会誘致に力を入れる中で、特撮やアニメなどの「聖地」としても福島の知名度が高まっているとしている。

関係者らによると、大会は日本SFファングループ連合会議が承認した実行委が主催する。

1962(昭和37)年に始まり、これまで全国各地で57回開催されている。

幅広い分野を「SF」の対象にした総合イベントで、これまで特撮や小説、アニメや漫画、科学研究などの愛好家や専門家らが参加している。

講座、討論会、展覧会などの作品発表、コスプレなどの多彩な催しがある。

ゲストに作家を招いて交流できる年もある。

郡山の大会はホテル華の湯で8月22、23の両日に開かれる。

全国からの参加者が1泊2日の日程で交流する。

企画など詳細は今後決まるという。

動画

アーカイブアーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ