NEWS福島県内ニュース

2019年03月15日 12時39分 配信

県内酒造業の現状理解 福島医大で公開講座

福島医大総合科学教育研究センターの公開講座は14日、福島市の同大で開かれ、参加者が県内酒造業の現状や、産学連携による生産販売の試みに理解を深めた。

市内の金水晶酒造店の斎藤美幸社長が「福島の酒造り地域と大学の連携を通して」と題して講演した。

全国新酒鑑評会で金賞に輝いた日本酒の製造工程や酒造業を取り巻く現状、東日本大震災を機に家業を継いだ思いなどを紹介した。

県やJAふくしま未来、地元農家、福島大生と協力して酒米づくりに取り組んでいる福島地域酒米研究会の活動に触れ、「日本酒は地元の誇りを伝える親善大使のような存在。

地域の皆さんと連携して語り合える地酒を残したい」と語った。

動画

アーカイブアーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ