NEWS福島県内ニュース

2019年03月15日 12時38分 配信

秋元湖などイワナ、ヤマメ出荷制限解除

政府の原子力災害対策本部は14日、秋元湖などのイワナとヤマメの出荷制限を解除した。

イワナは約6年11カ月ぶり、ヤマメは約7年9カ月ぶりの解除となる。

秋元湖周辺は東京電力福島第一原発事故前、多くの釣り客が訪れており、関係者は渓流釣り再開による観光振興や地域活性化に期待している。

解除したのは秋元湖と、秋元湖に流入する河川、長瀬川(酸川との合流点から上流)。

イワナは2014(平成26)年7月から昨年10月までに採取した80検体で放射性セシウムは1キロ当たり平均15ベクレル、ヤマメは2014年6月から昨年10月まで76検体を捕獲し1キロ当たり平均12ベクレルとなり食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を安定的に下回った。

動画

アーカイブアーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ