NEWS全国のニュース

2021-01-14 23:30:21 配信

入院できない…今できる対策は?専門家に聞く

東京都では14日、新型コロナウイルスの新規感染者が1502人で、重症者は、135人でした。入院先や療養先が調整中の人は6575人と、過去最多となりました。現在、重症化しやすい人までも入院できていない状況です。政府の諮問委員会メンバーである三重病院の谷口清州医師に聞きます。 (Q.通常医療とコロナ医療の両立は難しいのでしょうか) どうしても病棟がコロナ患者に圧迫されると、スタッフも取られますし、ほかの疾患に手が回らなくなるリスクがあります。以前は、法律に基づいて、すべての人が入院となっていましたが、最近は、その基準が緩和され、軽症の人は自宅や施設で療養することが増えてきています。地方では、軽症の人も入院しているところもありますが、今後、医学的に入院が必要な人に対して入院治療をする。つまり、重症・中等症の人に対して、入院治療をやっていく。そうすると医療に余裕が出てきます。 (Q.自宅療養中、急変して亡くなるケースもありますが、どうしたらいいのでしょうか) この疾患は悪化するリスクはあります。アメリカでは、軽症者は、自分で“酸素飽和度”の測定機器を買って来たり、体温、血圧などをモニターしながら、少しでも異変があれば、病院にかかる。そういった形で経過を見ています。今後、日本でも自宅療養が増えてきたら、そういったことをやっていく必要があります。今、医療に余裕があっても、今後のことを考えれば、少しずつ移行していって、「軽症者は自宅でいい」と考えていったほうがいいと思います。急に「あしたから」とは、なかなかいかないと思います。 (Q.医療体制を整えておく時間は少なくとも夏以降、十分あったように思いますが、間に合っていない最大の理由は何だと思いますか) 医療は“有限”だから、今のスタッフは、長い年月をかけてトレーニングをして、今の状況にあります。急に作るのは難しい。それが半年であっても難しいです。最大の要因は、『ゼロに近づけていく』という具体的なゴールが設定されていなかったから、感染者が増えて、今の状況になっている。前回の宣言解除後、無症状の感染者を見つけて感染源を減らす。これを続けて、ウイルスゼロを目指すしかないが、そこが難しかったと思います。

This programme includes material which is copyright of Reuters Limited and other material which is copyright of Cable News Network LP, LLLP (CNN) and which may be captioned in each text. All rights reserved.

PAGE TOP

ページの先頭へ