NEWS全国のニュース

2019-02-12 21:46:29 配信

レオパレス21 オーナーらが検査の厳格化など求める

 賃貸アパート大手「レオパレス21」の物件に耐火性が基準を満たしていない素材が使われていた問題で、オーナーらが国土交通省や金融庁に対して検査の厳格化などを求めました。  LPオーナー会・前田和彦代表:「違法建築を知った以上、この問題を隠蔽するのではなく、徹底的に明らかにし、入居者さまの人命を守るのが建築主としての最低限の責任」  レオパレス21は全国の1万棟以上のアパートで施工不良が発覚し、8000人近くが来月中の退去を求められています。これを受けてレオパレス物件のオーナーらは、国交省が物件への適正な調査や修繕工事などをより厳しく管理するよう求めました。また、オーナーらは安易な金融機関の不動産融資を放置した責任は金融庁にあるとして、レオパレスを支援するよう求めました。

This programme includes material which is copyright of Reuters Limited and other material which is copyright of Cable News Network LP, LLLP (CNN) and which may be captioned in each text. All rights reserved.

PAGE TOP

ページの先頭へ