NEWS全国のニュース

2019-02-12 23:30:00 配信

【報ステ】JAL『パワードスーツ』導入で負担軽減

 日本航空は12日、スーツケースなど手荷物の積み込み作業を行う空港職員の負担を軽くするために『パワードスーツ』を導入したと発表した。人間の腰の動きをセンサーが検知し、腰の両側についているモーターを駆動させて腰への負担を約4割軽くできるという。導入の理由として、日本航空は、人手不足もあり、女性や高齢者も雇用できるようにするためとしている。

This programme includes material which is copyright of Reuters Limited and other material which is copyright of Cable News Network LP, LLLP (CNN) and which may be captioned in each text. All rights reserved.

PAGE TOP

ページの先頭へ