NEWS全国のニュース

2019-07-12 11:52:31 配信

「心からお詫び」ハンセン病家族訴訟で総理談話

 ハンセン病患者の家族に対する国の賠償責任を認めた熊本地裁の判決を受け入れて控訴を断念した政府は、家族へのおわびを含む安倍総理大臣の談話と政府声明を発表しました。  菅官房長官:「患者・元患者とそのご家族の方々が強いられてきた苦痛と苦難に対し、政府として改めて深く反省し、心からおわびを申し上げます」  また、安倍総理の談話には患者の家族と面会する考えが盛り込まれています。今後の対応については「賠償を速やかに履行するとともに、訴訟への参加・不参加を問わず、新たな補償の措置を講ずる」としています。一方、政府声明では熊本地裁が指摘した関係閣僚や国会議員の責任について「受け入れられない」と判決の問題点を指摘しています。この訴訟を巡っては熊本地裁が先月28日、患者の家族が受けた損害についても国の責任を認めて3億7600万円の損害賠償を命じる判決を言い渡していました。

This programme includes material which is copyright of Reuters Limited and other material which is copyright of Cable News Network LP, LLLP (CNN) and which may be captioned in each text. All rights reserved.

PAGE TOP

ページの先頭へ