KFBこちらKFB

アツい夏が終わりましたが...坂寄直希(KFBアナウンサー)

2021.09.10

第103回夏の高校野球福島大会は、日大東北高校が18年ぶりの甲子園出場を決めました。

新型コロナの影響で、2年ぶりの甲子園へと続く大会でしたが、福島県の高校野球史を大きく塗り替えるものとなりました。

大会14連覇をめざした聖光学院が準々決勝で敗れ、記録が途絶えたからです。

私は今年も夏の大会の実況を担当しました。

「あと1球で」「この1球を決めたら」「負けたらこのチームではもう野球はできない」--。

その1球に対して、チームメートや選手の保護者、OB、OGなど、どれだけ多くの人の気持ちが乗っているのか。

そう思わずにはいられない場面がいくつもありました。

あの緊張感を戦い抜く球児のみなさんには本当に毎年、脱帽です。

そんな熱戦が終わって一段落したのも束の間、次は春の「選抜」につながる秋の大会が幕を開けます。

いやー、早いですね。「高校野球はKFB」。秋の大会の模様もしっかりとお伝えしてまいります。

報道制作局で働く社員によるリレーコラム。
番組や取材を通して感じた思いを伝えます。
毎週木曜日・朝日新聞福島県版に掲載中!

月別アーカイブ月別アーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ