KFBこちらKFB

悔しいからもっと頑張りたい~馬田万葉(KFBアナウンサー)

2021.08.06

地方局ではアナウンサーも取材に行き、自分で原稿を書きます。

4月に初めて行った取材の原稿は酷いものでした。

まとまりがない文章で、表現も回りくどい。

慣れない作業に時間もかかり、どんどん放送の時間が迫ってきてしまう。

焦りで心臓はバクバク。

そうしてどうにか出稿した原稿は、デスクによって素早く丁寧に添削されてオンエアされました。

先輩アナウンサーの声で届くのは、分かりやすく無駄のない文章。

私が書いた文章はほとんど残っていません。

普段見ていたはずのニュースなのに、こんなにも原稿を書けないのかと、とても悔しかったことを覚えています。

九州にいる両親からの電話で「仕事どう?」と聞かれれば、「毎日悔しい!」と答えています。

しかし、そう話す私の声は「生き生きとしている」と言われました。

今でも思うように原稿を書くことができませんが、自分で書いて自分で読める「地に足ついたアナウンサー」となれるよう、日々精進していきます。

報道制作局で働く社員によるリレーコラム。
番組や取材を通して感じた思いを伝えます。
毎週木曜日・朝日新聞福島県版に掲載中!

月別アーカイブ月別アーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ