KFBこちらKFB

東日本大震災から10年~佐藤世奈(いわき支社)

2021.03.11

東日本大震災からきょうで10年。改めてお悔みとお見舞いを申し上げます。

当時高校1年生の私は、期末考査終わりで友人と2人で都内にいました。

パニック状態の友人を慰めながら、近くのテレビ局のビルに避難しました。ゼリーのように揺れるガラス張りのビル、

足元がふらつく感覚は今も忘れることができません。

首都圏の交通網はストップし、帰宅難民となった私たちは、幸いにも局内で一夜を過ごすことができました。

テレビで流れる津波や地震の映像を、不安と疲労の中、一睡もせずに見ていました。

10年が経ち、記者として福島の今を取材しています。

この10年で人生が大きく変わった人、あの日のことを思い出したくない人もいらっしゃいます。

でも、私は一人ひとりに寄り添い、その人が紡ぐ声を大切に、後世につなぎたいと思います。

この日だからこそ、質問させてください。

「皆さんにとってどんな10年でしたか?」。

お会いしたら、ぜひ話を聞かせてください。

報道制作局で働く社員によるリレーコラム。
番組や取材を通して感じた思いを伝えます。
毎週木曜日・朝日新聞福島県版に掲載中!

月別アーカイブ月別アーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ