KFBこちらKFB

コロナの差別・偏見をなくすために~

2021.02.04

世界中に暗い影を落とし、終息の見えない新型コロナウイルス。

1年前、こんなにも私たちの生活が変わるとは想像もしませんでした。

県内でも増える感染者を少しでも減らすために、日々どんな放送をしていけばいいのか。

「ヨジデス」や私が主に携わる「ふくしまスーパーJチャンネル」のスタッフは知恵を絞っています。

そんな中、1月28日のJチャンネルでは「シトラスリボン運動が県内でも広がり」という内容をお伝えしました。

コロナ感染者への差別や偏見をなくそうと、愛媛県で始まった取り組み。

有志の会を立ち上げた会長はインタビューで、「原発事故後、県内は差別や偏見を受け、風評被害を受けた。いま同じことが起きていませんか?」と――。

「withコロナ」といわれて久しい現在、私も同じ思いです。

あの時の苦しみと悲しみを誰よりも知っている福島県民だからこそ、どこよりも差別や偏見があってはいけない。

これからも多くの人と共有したいと思っています。

報道制作局で働く社員によるリレーコラム。
番組や取材を通して感じた思いを伝えます。
毎週木曜日・朝日新聞福島県版に掲載中!

月別アーカイブ月別アーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ