KFBこちらKFB

報道記者として~島田直樹(報道制作部)

2020.10.15

「210人死亡21人安否不明」。

2018年7月、テレビに常時出るようになった西日本豪雨の死者数が増えるたび、私は無力感に苛まれていました。

当時気象庁担当になったばかりの私は全国放送で「災害級の大雨」などの言葉を使い警戒を呼びかけたつもりでした。

しかし結果はご存じの通り甚大な被害。なぜ伝わらなかったのか悩み考え、「日頃の防災」をわかりやすく伝えるテレビ制作者になろうと決めました。

今年4月から福島放送の記者となった私は「ハザードマップを歩く」という防災特集をスーパーJチャンネルで放送しました。

映像冒頭では派手なCGを使い、防災に興味がなかった人に「防災って面白そう」「明日やってみよう」と思ってもらうことを副題にしました。

すべては水害犠牲者を一人も出さないために。

今後も「命を守ることだけど、面白いよね」と言ってもらえる映像を作っていきます。「難しいことをわかりやすく伝える」福島放送をぜひご覧ください。

報道制作局で働く社員によるリレーコラム。
番組や取材を通して感じた思いを伝えます。
毎週木曜日・朝日新聞福島県版に掲載中!

月別アーカイブ月別アーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ