KFBみんなの食卓

食育体験セミナーへのたくさんのご応募ありがとうございました。

みんなの食卓キャンペーン

KFB福島放送では、2007年10月より、「食べる」ことについて県民の皆さまとともに考えていきたいという思いから、「みんなの食卓キャンペーン」に取り組んでいます。おもなテーマは、「食の安全と安心」「食育」です。

具体的には「ふくしまスーパーJチャンネル」「食メキふくしま」などの番組で、さまざまな特集を放送してきました。また、「野菜のチカラ食育体験セミナー」「おいしいおはなしとおやつの会」「介護食料理教室」などのイベントを通じて、県民の皆さまと交流を深め、食べることの大切さを伝えてきました。

2010年まで実施していた「みんなの畑」は、震災の影響で休止を余儀なくされましたが、私たちは新たなテーマが見つかったと思っています。キャンペーンを通じて福島の食の安全性を伝え、福島の農業や漁業を応援することです。

「食の安全と安心」の確保は、私たちが生きていくうえで最も重要なテーマのひとつです。KFBの「みんなの食卓キャンペーン」をこれからもよろしくお願いいたします。

みんなの食卓キャンペーン事務局

親子50組が参加 食育体験セミナー開催

12月最初の土曜日、いつもは午後から始めるイベントですが、今回は午前中に開催してみよう!という試みでした。スタッフの準備時間が思った以上に短かったことを除けば、参加してくださった皆様もお昼には終わって午後からの時間も活用できたのではないでしょうか。

総勢50組の親子が参加してスタート!まず最初はヨークベニマル芳賀さんから、食べることの大切さ・食べ物の働きについてお話ししていただきました。1日に必要な野菜の量が350gと聞いて「ドキっとしました」とインタビューに答えるお子さんも(笑)

5ADAY(ファイブアデイ)と言って70gのお野菜が入ったお皿の量を覚えそれを5皿食べるとわかりやすいと習いました!果物は1日200g、これも意識的に摂取しないと毎日達成するのは大変な量だと思いました。私自身も2人のこどもたちの健康を預かる母としてもここでしっかり日々の食生活を見直す良い機会になりました。


次に鈴木農園の鈴木清美さんから、なめこの栽培方法からおすすめ料理まで実に分かりやすく楽しく教えていただき、収穫体験までさせてもらい!?こどもたちも熱心に聞きするどい質問もバシバシ出て大人がびっくりしてしまうほどでした。

実際一皿70gのお野菜はどのくらいか実感しながら試食できるサラダバーコーナーも大好評「お野菜は好き?」と聞くと「あまり好きではないけれどゴマドレッシングがあれば大丈夫!」なんてホンネが聞こえる場面もあったり。



最後のコーナーはクイズコーナー!正解するとイチゴが1パックプレゼントされるとあってこどもも大人も真剣そのもの。学校のお勉強でもこのくらい手が上がればというくらい(笑)でした!

日頃何気なく食べている食事も、ちょっと知ることでより効果的な食べ方ができる!そんなヒントがたくさんもらえる楽しくておいしいイベントです。また開催するときにはぜひ皆さんにいらしてほしいなと思います。KFBのホームページやテレビでお知らせしますので、要チェックです!

(みんなの食卓キャンペーン事務局)

※親子で学ぼう!野菜のチカラ 食育体験セミナー、2016年12月3日(土)10:00~正午、郡山市労働福祉会館で開催

バックナンバー

子供たちにさまざまな体験を通して、野菜の持つ力を楽しく詳しく知ってもらいましょう!
食べ物に関する講義や野菜についてのクイズなどを出題したり、農家の方のお話を伺います。小学生の親子で参加できるイベントです。(春と秋の年2回開催の予定です)

"もっとおいしく、もっと豊かに"をテーマに、今現在、あるいはこれから来る「介護」にそなえて、ただ食べ物を作るのではなく介護を要する方により美味しく、 より食べやすく食べられる料理を考えていきましょう。 (秋・年1回開催の予定です)

月別アーカイブ月別アーカイブ

    PAGE TOP

    ページの先頭へ