まなみの、のんびり〜の

福島のいま

2019.03.12

今年も3月11日が終わり、震災と原発事故から9年目に入りました。

地震が起きた午後2時46分には、

テレビ画面に各地の黙祷の様子が各局一斉に映し出されます。

8年前のあの日。

テレビに映し出された衝撃的な映像に、

自然の猛威に恐怖を感じ、現実のこととは思えず、何の言葉も出なかった

あの日の出来事と向き合う時間です。

私は新卒で2013年に福島放送に入社しました。

そのため、震災当時や直後のことは映像でしか知りません。

そんな自分に、アナウンサーとしてどんなことが伝えられるのでしょう。

不安と責任が、頭の中を巡ります。

入社してからの福島での6年間の出来事を振り返りながら、

「伝えなければならない」という使命を感じます。

全国各地で毎年のように自然災害が起き、

時間の流れとともに、首都圏との3.11に関する温度差が

大きくなっているように感じます。

3月11日を機に、

福島に住む人以外にも、

もっとたくさんの人に、今の福島を見てほしいという思いが強くなります。



写真は今月1日にヘリコプター取材をした際に撮影したものです。

まなみの、のんびり〜の|アナウンサーブログ

    月別アーカイブ月別アーカイブ

      PAGE TOP

      ページの先頭へ