安藤桂子のアン・ドゥ・トロワ

アジサイ

2017.06.26

アジサイが花開く季節になりました。

きのう、須賀川市の藤沼湖に大勢の人が集まり

アジサイの苗を植えました。

私もその一人。

小さな花が咲いた苗を丁寧に植えてきました。

東日本大震災でダムが決壊した翌日、

下流の地域での捜索活動を取材させていただいてから6年以上が経ちました。

これまで、

追悼式などで必ず年に一度は、長沼地域を訪れてきました。

私は震災前に藤沼ダムを訪れたことがなかったので、

今年になって水が溜まっているダムを見るのが、不思議に思えます。

決壊したダム湖の湖底から見つかったアジサイは今や全国に広がり、

植樹祭にも

それはそれは大勢の人たちが集まりました。

天気予報では雨でしたが、

当日行ってみると曇天で時折太陽が顔をのぞかせる時間もあるほど。

「日ごろの行いが良かったんだね」なんて

顔なじみの人たちと話したものです。

蒸し暑い中、皆が軍手で苗を植えていきました。

今は小さくて細い苗も

これから時を重ねる中で、大きく揺らがないアジサイに育っていくのでしょう。

一方で、

今も藤沼ダム周辺を訪れることができない被災者もいます。

震災が刻んだ大きな爪痕は

癒えることがないのかもしれません。

このアジサイには、そんな地域を一つにしたいという願いが込められているのです。

安藤桂子のアン・ドゥ・トロワ|アナウンサーブログ

    月別アーカイブ月別アーカイブ

      PAGE TOP

      ページの先頭へ